なぜホームページをつくるのか?

Web/アプリ/デザイン

ホームページ制作を依頼される際に、下記のような会話がよくある。

「会社概要的にあればいいから、ページ数は最低限で適当(適した形)にお願いします」
「あっ!金額は安めでお願いします」

これは一番困るタイプの依頼方法である。

このご時世、Webサイトがないということは会社が存在しているかどうかを疑われる時代でもあるので、会社概要としてWebサイト(ホームページ)を制作したい。というのは分かる。

しかし、上記のような依頼をされるところは打合せをしていても熱が入っていない。
そうなると、どのような目的でホームページが欲しくて、どのようなデザインが好みで、どのような内容を記載したいのかが全くわかならない。
そのため、デザイン修正も多くなるし、校正も何度もやり直しになる。初期制作から修正を何度も繰り返し、労力と費用を費やしたにも関わらず、結果的に何もお金を生まない会社概要的にただあるだけのサイトになってしまう。

そして、「ホームページをつくっても何も反応がない」という言葉が出てくる。

制作側の人間から言わせてもらうと、せっかく会社の予算(お金)を使ってWebサイトを制作するのだから、制作に関わる以上「何かの結果に繋がるようにしたい!」と必然的に考える。

Webサイトというのはインターネット上しか存在せず、直接触れられるものではないので軽く考えられがちだが、私は一つの製造業だと考えている。しかも、お客様(依頼主)と共同で創り上げる作品であり、多く人が目にする確率が高く、可能性は無限大に広がっている。

なぜ会社概要として簡易的でもホームページが必要だと思ったのか。
取引先や商談先の人に向けたものなのか。
求人を出した時により優秀な人財が応募してくれるようにしたいのか。

目的は不明確より明確の方がいい。
目的がはっきりすると、目標(数値)が明確になる。
目標が明確になると、対象が明確になり、どのような文章でどのようなデザインにするかが見えてくる。
制作後も効果検証が行え、PDCAを繰り返し改善ができる。
そうすると、自然と結果はついてくる。

ホームページはあった方がいいよな。と最初はなんとなくでもいいと思う。
でもお金を払ってつくる以上、ただのコストとしてではなく、回収可能な投資として捉えられるようになってほしい。と私は考えている。

目的を明確にしたくても、どう明確にしたらいいかわからない。ということであれば、今までWebサイトの制作をしてきた経験値からお伝えできることはあるので、遠慮なく相談してほしいと思います。

Web制作の第一歩は「なぜホームページをつくるのか?」という目的を明確にすること。