名古屋市 K中学校様

GIGAスクール 校内LAN配線工事

文部科学省が推進している「GIGAスクール構想の実現」に向けて、校内のLAN設備の改修工事を実施しました。

実施した内容

ご担当社様よりコメント

【今回の経緯】
2019年12月に文部科学省より発表された「GIGAスクール構想」。
令和時代の学校教育のスタンダードとして「児童生徒向けの1人1台端末と高速大容量の通信ネットワークを一体的に整備し、多様な子どもたちを誰一人取り残すことのなく、公正に個別最適化された創造性を育む教育を、全国の学校現場で持続的に実現させる」もので、新型コロナウィルスの感染拡大により急遽前倒しで進められることになりました。
学校側としては、教育委員会及び教育センターより説明会で概要説明を受け、仕様書をもとに業者を早急に決定する必要がありました。しかし、ネットワークやパソコンのことなど全くと言っていいほど分からなかったので、どうしたものかと困っていました。

【決め手は何でしたか?】
困っていたところに、KISさんよりお電話を頂き、一度お話を伺ってみることにしました。KISさんは名古屋市の先行導入校での工事実績もあり、仕様書のことも熟知していたため私達が分からないことも丁寧に教えて頂けました。今回の工事は、相見積が必要だったのですが他の業者さんよりも安く、安心してお願いをすることが出来ました。

【対応はいかがでしたか?】
現地調査の時から工事中、工事終了後の完成図書の説明まで、非常に分かりやすく一から説明して頂けたので、大変助かりました。仕様書だけではわからないことや他校がどのようにしているかなどの具体的な事例があったのも参考になり良かったです。
また、工事は生徒がいない土日に行う必要があったにも関わらず、すぐに日程を調整することができスムーズに工事完了まで進めることが出来ました。

【これからについて】
GIGAスクール構想は始まったばかりで分からないことがこれからも出てくると思いますし、今回の工事についても予算の関係で全ての教室を工事できたわけではないので、KISさんにまた相談したいと考えています。

今回の概要

GIGAスクール構想における通信ネットワークの整備/工事を行わせて頂きました。
GIGAスクール構想は、将来を見据えた教育の在り方として興味を持っており、弊社が蓄積したノウハウを活かせる部分と考え、事前に情報収集を行った上で資材の購入など準備をしておりました。
GIGAスクール構想は当初の予定よりも前倒しで全国一斉に始まったこともあり、学校側へ情報伝達がうまくいっていなかったり、専門的な言葉がある仕様書の理解など、問題点も多くありました。
学校は緊急事態宣言による休校や休校期間中の学習時間数の確保、行事の見直しなど、多くの追加業務を抱える中でのGIGAスクール構想の実施準備だった為、現地調査の段階から今回の工事内容を簡潔に説明するなど工夫を行いました。
学校様のご協力もあり、初回のご提案から現地調査、工事、完成図書提出まで滞りなく行えたこと感謝致します。

株式会社風岡 情報システム部 ネットワーク事業担当